FC東京 HOME

-

名古屋グランパス AWAY

-

-

---- KICK OFF

前半
後半
  • DAZN

Coach Interview

全体的には悪い試合だとは思いませんでした。特に後半は完全に押し込んだ、ですがそこで課題が一つ出たというのは、もっともっと緻密に、正確にやらないとチャンスをもっと作れないと。もう一つは、そうは言っても決定機はありましたので、そこを仕留めるというところをもっとフォーカスして強いチームになっていきたいと思います。

  • 押し込みながら緻密な部分でのミスが散見されたように感じましたが?

    一つは、一本のパスで回避しようというプレーが多すぎた。それから、アウェイのグラウンドでも正確な、止めてから蹴るまでの時間など、グラウンドが多少違ってもできるようにしていかなければならないなと思っています。

    試合としては激しい、見応えのある試合だったと思います。監督として、技術を含めた試合のレベルということに関しては失望していないのでしょうか?

    全く失望していません(笑)。そういうゲームではありませんし、まだまだうちの選手たちはうまくなっていく過程にあると思っています。このゲームの中で何が良かったかと言えば、自分たちが思った通りにある程度ゲームを進めることができていた。特に立ち上がり、自分たちのリズムが掴めないなかでも、しっかり相手を見ながらゲームをコントロールしている。そういうところを含め、選手たちの成長を感じた90分だったと思います。

    「緻密」という言葉がありましたが、ゴールチャンスを作るためにスペースを使うことが当面の狙いかと思います。その上で、ジョーの頭を狙うことで新しいスペースができるかもしれないと狙いになってしまうことは、チームにとって諸刃の剣となる可能性もあるのではないでしょうか?

    そういう風には思っていませんし、武器は武器として使うべきです。先ほど言った通り、見えているのですがボールが合っていません。空中を使うのがいけないのではなく、ただ空中という部分は点で合わせなければいけない。そこを選手が見えていても、合わせられていないということが一つ。それから、最後の決定機となったところもそうですが、決してジョーは力でプレーしているのではなく、しっかり(マークを)外すところは外していますし、そういう風には思っていません。ですが、今言った通り見えているのに合わせられない、これはずっと言っていることですが、まだまだ課題だと思っています。

    選手の成長を感じているとの言葉もありましたが、昨シーズンと比べ、どう選手が成長されていると感じるのでしょうか?

    チームは生き物なので、過去は全く関係ありません。我々は前を見て進まなければいけない。今日の試合をしっかり勝ち切るだけの力をつけなければいけないのが毎回で、それは昨シーズンも同じで、自分たちの今より良い試合をできるよう取り組むだけです。ですから、皆さんはそう見るかもしれませんが、我々に過去は関係ありません。

Player’s Comment

2 米本拓司 米本拓司

  • 古巣のFC東京相手に0-1で敗戦となりました。今日の試合を振り返ってください。

    はい、悔しいです。

    序盤はFC東京がペースをつかみました。

    相手が裏を狙ってくるのは分かっていたし、最初は押し込まれるかなと自分では思っていたので、そこでいかに耐えるかということを考えていました。

    相手はDFラインの背後のスペースを狙ってきました。

    セカンドボールを拾うことを意識していました。相手が裏を狙ってきていましたけど、僕らもやり方を変えないでチャレンジし続けていたので、1失点が非常にもったいなかったと思います。

    これまでの試合と異なり、前線からの連動した守備が機能しなかった印象です。

    僕らが前から行った時に、相手は裏へ蹴るという決まりごとが絶対にあったと思うので。行ったら前に蹴られて、行かなかったらつながれて。まあ、そこまでつながれた感覚はないですけど、そういう流れだったので。僕も東京にいて、裏のスペース(への配給)は決まりごとだったので。おそらく相手もスカウティングしていたし、それでも僕らはやり方を変えずにやっていたので。あの1失点がなければ、本当にどちらに転んでいたか分からなかった。34試合の中で1敗しただけなので、これから日程が空くので、連敗しないように、チーム一丸となってやっていきたいと思います。

    攻撃面ではつなぎの段階でミスが目立っていたよう感じました。

    ああいう堅いチームなのでね。中をこじ開けられなかったのは反省材料かなと思います。ああやってブロックを敷くチームでも。まあ、少し外に逃げすぎたかなと思います。

    古巣のスタジアムで試合を終えた印象は?

    別に、変わらなかったですね。本当に勝ち点3を取れなくて。せめてアウェイで引き分け、勝ち点1を取って帰れないというのは非常に悔しいです。

17 丸山祐市 丸山祐市

  • 今日のゲームを振り返ってください。

    味スタでアウェイチームの選手としてプレーするのは初めてでしたけど、すごく楽しかったですね。結果として負けてしまいましたが、素晴らしいスタジアムでサッカーができたことに対して、喜びを感じています。ただ、負けたことについては残念に思っています。僕自身は東京が相手だったので、悔しい気持ちは大きいですね。でも、まだ4試合を終えたばかりですし、どのチームにも上のチャンスがあって、シーズンは長いので。次の札幌戦に勝てるような準備をしていきたいですね。

    特に前半、自分たちの距離感でプレーできなかった印象です。

    相手は僕たちの高いディフェンスラインの裏をシンプルに狙ってきました。結果的にはそこでやられてしまったので、反省しなくてはいけません。前半は「無失点に抑えればチャンスは来る」と思ってプレーしていました。後半に入れられてしまいましたけど、攻撃面では決めるチャンスがありましたし、守備も何とか1失点で抑えられていました。また練習からやっていきたいです。

    パスがつながらなかった要因は?

    グラウンドが少し固いという部分はありました。でも、それは相手にも同じことが言えるので言い訳にはなりません。少しアウェイというか、東京が前から来るというところで、プレッシャーを感じてしまった部分はあります。徐々に慣れていくことはできたので、大きな問題はなかったと思いますね。

そのほかジョー選手、吉田選手、
相馬選手、和泉選手のコメントはINSIDE GRAMPUSに掲載。

  • insidegrampus

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!

NEXT HOME MATCH

北海道コンサドーレ札幌

3.30Satvs 北海道コンサドーレ札幌

  • 14:00 KICK OFF
  • 豊田スタジアム