浦和レッズ HOME

-

名古屋グランパス AWAY

-

-

---- KICK OFF

前半
後半
  • DAZN

Coach Interview

前半は素晴らしいできだったと思いますが、やはり仕留められなかった。本当に何度もチャンスがあったので、そこは残念です。それから後半のところで苦しくなりながら、自分たちの判断でプレーを続けました。ですが、最後、自分たちで時間を使ってコントロールすることができなかった。本当にもったいない結果だったと思います。それでも、選手はしっかり闘ってくれたと思います。

  • いまの話にもありましたが、苦しくなった後半、三人の選手を交代したが、その意図をお聞かせください。

    和也(宮原選手)と吉田、その二人は状態が良くなく、そのまま続ければ足を痛める可能性があったため、そこで代えるしかありませんでした。そういう意味では、いない選手がいる状況で、みんながうまくやりくりしてくれたと思います。

    セレッソ大阪戦から比べると状態は良くなっているとは思いますが、ここ二試合、終盤に追いつかれての引き分けとなりました。自分たちのスタイルを続けることは大切だとは思いますが、現状を打破するために何か考えていることがあれば教えてください。

    打破するということで一つは、チャンスはある。そこで決めるかどうか。ですが、我々がやることはもっとチャンスを作ること。それから、今日の場合は例えば時間を使うということ。厳しい戦いで相手も来ているわけですから、そこは自覚の問題だと思っています。

    後半は自陣でのプレーが増えました。そこには選手自身の判断もあったと話をされましたが、もう少し自分たちでボールを持って攻めたかっという思いもあるのではないでしょうか?

    もちろんそれはそうですが、相手が前へと来たこと。それからまだまだ、自分たちで思った通りにできていない。それは何かと言うと、選手の中では試合にこれまで出ていなかった選手もいますし、アクシデントもあります。いろいろなことにトライしなければいけない時期であり、シーズン最初のころとは違いますね。中央の選手が(怪我で)いませんし。ですから、そこのところでもう一度トライしている状況ですし、我慢しながら試合をし、自分たちでまた盛り返せるようなトレーニングをしていきたいと思います。

    決定力の話をされましたが、今日の試合を見て、守備でボールに対する粘りが足りないようにも感じました。これが現在の大きな問題なのではないでしょうか?

    後半、しっかりよく守っていたと思います。(攻守を)別々に考えるのではなく、悪いリズムの時にどう判断するか。これをトレーニングでもしてきましたし、選手は良い判断をしていたと思います。ですが、自分たちが本来やるべきことは、前半でもっと決めていれば。チャンス、決定機は決めなければいけないので、そういう部分ではもったいない試合だったと思います。失点のところも、自分たちがボールを持っていたところからやられているので、そういうところのミスを含め減らさなければいけないと思います。

Player’s Comment

29 和泉竜司 和泉竜司

  • 今日の試合を振り返ってください。

    勝ちたかったです。前半も含めて、3点目を取れていれば、こっちの試合になっていたと思います。2失点とも終了間際に喫しました。失点をしてはいけない時間帯です。チーム全体として勝負に必要なものが足りないと思います。そこはもう一度チームとして、戦い方や試合の終わらせ方、入り方を考えないといけないと思います。

    前節のG大阪戦と同様、後半アディショナルタイムでの失点によって引き分けに終わりました。

    誰か一人だけのせいではないです。極論を言えば、あそこで失点をしても、その後に攻撃陣が得点を奪えば3-2で勝てました。後ろも後ろで、最後にクロスを上げさせなかったり、上げられたとしても中で跳ね返す準備を、笛がなるまでやらないといけません。攻守お互いに最後のもう一つ、ゴール前での「決めきる」、「守りきる」に弱さがあると思います。一人ひとりがやっていくしかないと思います。

25 前田直輝 前田直輝

  • 試合を振り返っていかがですか?

    もったいない試合でした。

    入り方はかなりポジティブだったのでは?

    そうですね。この形を続けられれば、という感覚は持てていました。サッカーには失点をしてはいけない時間帯があって、前半を2-1で折り返すのか2-0で折り返すのかでは大きく変わっていたと思います。タラレバになってしまいますけど、あの時間帯に1点を返されたのがもったいなかったと思います。

    チームの2得点目を決めました。

    そこよりも、3点目を取れなかったほうが悔しいです。責任を感じています。1失点目も僕がシュートを外した流れから押し込まれて、あのような形になりました。要所要所で相手をかわすことはできていましたけど、相手にとって怖かったかというと、そうではないと思います。まだまだ課題が残っているなと感じた前半でした。

    後半はスタート直後から重心を後ろに下げた印象です。

    (ここ数試合で)勝てていないことも少しあるのかもしれません。チームとして、「前からいけるところはいこう」と話をしていたのですが、前からいって剥がされるのが怖いのか、全体的に重くなった印象はあります。リーダーシップを取って、締める時や前からいくタイミングを合わせることが選手間でどれだけできていたかというと、クエスチョンマークが残ると思います。

そのほかの中谷選手、太田選手、ネット選手、ジョー選手のコメントは、
INSIDE GRAMPUSにて掲載しております。

  • insidegrampus

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!

NEXT HOME MATCH

川崎フロンターレ

8.10Satvs 川崎フロンターレ

  • 19:00 KICK OFF
  • 豊田スタジアム