横浜F・マリノス HOME

-

名古屋グランパス AWAY

-

-

---- KICK OFF

前半
後半
  • DAZN

Coach Interview

感想は「決めて欲しかった」ということ、以上です。

  • 途中交代しましたランゲラック選手の現在の状況をお聞かせください。

    脳震盪だということで病院へと行きました。正式にはまだ聞いていないのですが、又聞きといいますか、それほど大きなことではないようだと聞いています。ですが、完全にドクターに聞いたわけではありませんし、そのくらいの情報しかまだありません。

    「決めて欲しかった」ということは、それ以外の部分では手応えを感じていたのでしょうか?

    まだまだだと思います。特に前半は相手を受け入れてしまった。全員ではありませんが、何人かの選手が受け入れてしまって、いつの間にか頭が相手のパズルのようになっていた。ハーフタイムにそのことを話し変えましたが、それだけ力が付いているのだと思います。力が付いて押し返す、あるいは伝えたことができるようになっていると思います。ですが、点差をこれからはつけていかなければいけないと思っています。

    決めて欲しいというのはフィニッシュの質の部分なのか、あるいは攻撃でもう一工夫欲しいということなのでしょうか?

    みなさんはどう思いますか(笑)?どちらもあると思います。間違いなく決めなければいけないところもありましたし、それがシュートそのものなのか、一つ前のパスなのか、(問題は)たくさんあります。ですが、たくさんチャンスを作ったところで、もっと点が入っていなければいけないゲームでしたし、そういう部分をしっかり詰めながらやっていきたいと思います。

    マリノスの攻撃は縦への速さが特徴です。一失点はしましたが、その特徴をうまく抑えられていたのではないでしょうか?

    もとから、何をどうするかといえば自分たちの距離の中に相手を包み込んでしまうこと。これが自分たちの一つの特徴だと思います。それからもう一つは、しっかり自分たちで相手を崩すということ、この両方をしなければいけません。そういう意味で前半に限ってはほとんど相手のパズルを受け入れ自分たちでボールを持つことをやめてしまいましたので、あまり良くなかったのですが、後半は少し変わって自分たちの力を示した、そういうところです。何か一つをやればいいというわけではないんで、一人ひとりがしっかりとした自分の判断、いつも言っている自信でプレーしてもらいたいと思います。

    決めて欲しかった反面、決められなくて良かった場面を数多くあったかと思います。Jリーグでこれほど高いレベルの試合が観られるんだという思いもありますが、風間監督自身として今日の試合、全体の印象はどのようなものなのでしょうか?

    僕はいつも緊張しいなのでわかりませんが(笑)、すごく緊迫した良いゲームだったと思います。彼ら(横浜F・マリノス)は彼らのやるべきことをやった、そして我々もやり続けたということですごく緊迫感のあった。ボールをつなぐということだけではなく、ゴールへと向かうということをお互いにやりました。そういう意味で良いゲームができたと思います。

    (「ノーガードだった印象があります」との問いに)ノーガードの打ち合いではなく、どちらもゴールへと向かうということが徹底されていたのではないかと思います。流行りなのか「ボールポゼッション型」という言葉がよく使われますが、我々はもとからそういうことではなくゴールを目指すということ、いかに早くゴールのところまで行けるかということをどのチームも目指していますし、今日はお互いにそういう部分を見せられたのではないかと思います。

Player’s Comment

7 ジョー ジョー

  • 今日の試合を振り返ってください。

    横浜F・マリノスは我々と同じように、ボールを握るチームでしたね。先制点を取ることができたので、それを守りきれずに同点ゴールを許したことは残念です。ただし、マリノスはすごくいいチームで、強い相手でした。そのような相手との試合で、勝ち点1を持ち帰ることができたことは良かったと思います。

    自身にもチャンスが多くある試合でした。

    今日の試合で決めきれなかった悔しさはあります。ただし、自分自身に焦りはありません。それはなぜかというと、自分がゴールを外したわけではなく、相手のGKにストップされたという感触があるからです。2回の決定機がありましたけど、相手のGKが素晴らしいセービングを披露しました。僕が外したというわけではなくて、GKが素晴らしいかったということですね。その中でチームの勝ち点1に貢献できたと思うので、その点においては満足しています。

20 中谷進之介 中谷進之介

  • 本日の試合を振り返ってください。

    前半はマリノスに押し込まれる展開でしたけど、何回かチャンスはあったので、しっかりと決めきる力がほしかったです。

    GKが負傷退場するアクシデントもありました。守備面に関してはいかがでしたか?

    失点シーンはもう少し改善するべき点があると思いますけど、チーム全体でコンパクトに闘うということに関してはすごく良かったのかなと思います。

    J1通算100試合出場を達成しました。

    まずは100試合を目指してやってきたので、そこに到達できたことは良かったですけど、まだまだ通過点だと思って、もっと試合に出続けたいなと思います。

    どのような想いでゲームに臨みましたか?

    100試合ということはみんなから言われていましたし、先週に生まれた娘のためにも頑張ろうと思っていました。

    今後の目標を教えてください。

    200試合、300試合と出られるように、練習から自分自身の能力を上げられるよう頑張りたいです。

そのほか和泉選手、武田選手、丸山選手、吉田選手のコメントテキスト、
相馬選手のコメント動画はINSIDE GRAMPUSに掲載。

  • insidegrampus

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!

NEXT HOME MATCH

ジュビロ磐田

4.20Satvs ジュビロ磐田

  • 14:00 KICK OFF
  • 豊田スタジアム