• DAZN

Coach Interview

前半立ち上がりから良い形で入れたと思うのですが、ちょっとしたミスからビハインドとなりました。ハーフタイム、選手が落ち着いたところから、もう一度、自分たちで点を取ろうと。3点目が入っていればもっと良かったのですが、しっかり2点差を追いついてくれた。それから、自分たちのテンポでサッカーができたということは、この一年間で力が付いてきたということの証明だと思います。選手たちはまだまだうまくなると思いますし、もっともっと強い、面白いチームになることできるのではないかと感じさせてくれた試合でした。

  • 0-2から追う展開となりましたが、ハーフタイムには具体的にどのような指示を出されたのでしょうか?

    本当に少しの緩みといいますか、そこで前半に失点をしてしまったので。ただ、90分の闘いだということはずっと言っているので。例えば前半を1-0で折り返していても関係ない、勝つだけだということ。今日もそうですが、2点差というのは君たちの力ならまだ追いつける範囲だということ。そして直輝(前田選手)がすごく良かったので後半からすぐに入れ、彼がもっともプレーしやすいポジションへシステムを変えました。そのことで押し込めたので、その部分ですごく力が付いたのではないかと思います。

    後半は良いテンポで攻めていましたが、その要因はどこにあったとお考えでしょうか?

    やはり自信、それがこのサッカーには必要なものです。このサッカーは形ではなく、ボールを自分たちがしっかりと持ってそれを相手にしっかり見せながら相手を破っていく。一つ言い忘れましたが、ハーフタイムに「自分たちの特徴はなにか?」と聞きました。選手たちは「ボールを持って前へ進むこと」だと言いましたし、その通りにやってくれました。そのことでの自信、それから目に見えるものがすごく多くなってきているので。PK以外のところでも、玉田が相手を崩したり、随所で良いところが見えたんじゃないかと思います。

    最終的には他会場の結果もJ1残留に大きく影響しましたが、試合中、他会場の経過は伝えられていたのでしょうか?

    全く伝えてないですね。2-2とした時に少し(他会場を)気にしている選手もいましたが、それよりも3点目を取りにいけと。試合の最初から勝つんだ、それが確実なことで、それに対して選手もあたふたはしていませんでした。ただ、試合が終了した段階でまだ他会場は引き分けの状態だと知り、どうなるのかと心配はしましたが、最後に追いついたことで神様がご褒美をくれたんじゃないかと思います。

    先ほど小西社長から風間監督の来シーズンの続投が表明されましたが、これから来シーズンに向けどのような準備をしたいとお考えでしょうか?

    まだ何も考えていないですし、チームというものは毎回、生まれ変わるものだと思っています。それから自分自身もこれからチームと話をしながら、どのようなことになるか考えなければいけないと思います。そういう意味で、いまはまだそこまで余裕がありません。

Player’s Comment

7 ジョー ジョー

  • J1残留を決めました。今の気持ちを聞かせてください。

    すごくうれしいです。今は「やりきった」という感覚がありますね。今日は自分たちが望んでいたスタートをきることができませんでしたが、集中力を高めて、全員で乗り越えることができました。最後の最後まで苦しかったのですが、残留を決めることができてうれしく思います。この1年はいろいろなことがありました。チーム全員で闘い、それを乗り越えることができました。最後の1秒まで自分たちの力を信じて残留を決めることができたので、すごくうれしいです。

    満員のスタジアムで残留を決めました。

    本当に良かったです。苦しい状況の時から、サポーターの皆さんは諦めることなく一緒に闘ってくれました。そういったサポーターがいてくれたおかげで、チームは強くなれたと思います。心から感謝しています。

    かなりのプレッシャーがあった試合だったのでは?

    そうですね。勝たなければいけない試合でしたが、同点でも残留できる可能性がありました。最後まで自分たちを信じてくれたサポーターに感謝したいです。

    前半に2失点を喫し、苦しい試合展開となりました。

    本当に苦しい状況でしたが、2失点した時でも落ち着いてやらなくてはいけないと考えていました。僕のような経験のある選手が、経験のない選手にアドバイスできたことが大きかったと思います。落ち着いてやれたことが2得点につながったと思います。すべての結果が自分たちに味方してくれて良かったです。

    試合終了後、J1残留決定の報はどのように伝わったのですか?

    正直、試合の途中から他会場の結果が気になっていました。試合中から試合後まで、(川崎対磐田の試合が)まだ1対1だということは耳に入っていました。試合中は「勝たないといけない」という意識でいっぱいになっていましたけど、コントロールしながら最後まで闘えたと思います。

    24得点を決め、得点王のタイトルとクラブのシーズン最多得点記録を手にしました。

    日本に来た最初のシーズンで得点王になることができてすごくうれしいです。ただ、それは自分の1番の目標ではないと初めから言ってきました。自分の目標はクラブでタイトルを獲得すること、名古屋グランパスというクラブを1番にしたいということです。一方でFWの選手にとって得点王は大事な賞です。自分1人では獲得できないものなので、この賞はチームメイトのみんなのおかげです。また、最初からずっと支えてくれたサポーターの皆さんにも感謝したいです。

    この1年を振り返っていかがですか?

    最初は様々な困難が多くありました。以前から適応するには6ヶ月ほどかかると思っていて、実際に半年経つ頃には馴染むことができたと思います。僕の適応をサポートしてくれたチームメイト、コーチングスタッフ、すべてのスタッフに感謝したいですね。また、自分の苦しい時期をサポートしてくれた僕の家族にも感謝したいと思います。

10 ガブリエル シャビエル ガブリエル シャビエル

  • 本日の試合を振り返ってください。

    前半はいいプレーを見せることができなかったのですが、後半に同点に追いつくことができました。逆転するチャンスもありましたけど、それができずに試合終了を迎えました。試合後にJ1残留が知らされて良かったです。

    ファン、サポーターにメッセージをお願いします。

    苦しい1年にしてしまったことを申し訳なく思います。来シーズンに向けて、いいサッカーをできるように取り組みたいと思います。このチームを優勝に導きたいと思っているので、来年も応援よろしくお願いします。

28 玉田圭司 玉田圭司

  • J1残留が決まりました。現在の率直な気持ちを聞かせてください。

    ホッとしています。

    試合後、他会場の結果はどのように伝えられましたか?

    スタンドの雰囲気で(笑)。携帯を見たんですけどなかなかつながらなくて、何が何だかよく分からなかったです。

    本日のゲームはどのように迎えましたか?

    試合前は普段と変わらず、プレッシャーも感じずにやれているかなと思いました。1点を取られてから少し重たくなってしまいましたが、ハーフタイムでいろいろなことを話して、気持ちの面で変わったというか、リスクを負って攻撃に出ていく時間を増やしていきました。その中で2点を取ることができたので、チームの成長を感じています。

    今シーズンはどのような1年でしたか?

    一言で言えば、波のあるシーズンだったかなと。前半戦は良くなくて、後半戦は良かったというのは、チームとしてはいいのかなと思いますが、まだまだやらなければいけない部分はあると思いますし、継続していかないといけない部分もあります。これから僕個人としても成長していきたいなと思います。

    自身にとってはどのようなシーズンでしたか?

    いろいろと成長をさせてもらったシーズンで、考えさせられる部分もありました。いいシーズンだったのかなと思います。


 

そのほか小林選手、前田選手、丸山選手、ランゲラック選手、和泉選手のコメントはINSIDE GRAMPUSに掲載

  • insidegrampus

Event Photo

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!