• DAZN

Coach Interview

1試合1試合通しながら、結果が上手くいく時もいかない時もありますけども、選手たちがどんどん自分たちの新しい形を作りながら、それを学習して進歩しようとするところは、今日も入り方から見られましたし、すごくいいトライをしてくれたと思います。
ただ、本当にこういう勝負っていうのは、2点目が入っていれば、たぶんもっと楽な展開になったと思います。
そこは、やっぱりしっかり決めきらないと苦しくなるというのもまた学んだと思いますし、逆にそれでもしっかり辛抱して自分たちがまた点を取ったということは、チームの成長の証じゃないかなというゲームだったと思います。
  • 前節に比べて、選手たちの寄せがだいぶ速くなっていたと思いますが、そこは監督の指示でしょうか?
    色んなもの全て、「この試合でいい」ってことではありません。
    この前の試合もそうですし、その前の試合もそうです。色んなところで、どんどんやれるはずのこと、それから、まだやれていないこと、というのは、これから身につけなければいけないこと、そういうものをはっきり分けて、どんどんやっていかなければいけません。
    一度でもできたものに関しては、継続しなければいけない。
    まだ身についていない色んな技術、そういうところには取り組んでいるところなんで、そういう意味では今日も何本も、そういうところが出てきてくれてるんでね、特に攻撃のところ、それから守備入れられたところは、まだ味方をしっかり見るというところは、できてはいないんですけども、そういうところ。
    自分たちでできているところは続ける、できていないところは身につけると。
    というところでチームは今進んでいますんで、そういう意味では、まあそういうふうには見えると思います。
    アディショナルタイムに得点を挙げられた要因はどこにあるのでしょう?
    ひとつはやり続けることができたと。まあ確かに1失点はしたんですけども、その後にもう一度自分たちは全く変わらずにプレーをし続けられました。
    前半で敵がどういうふうに来るかというのをしっかり分かった上で、そこのところをどう攻めていったらいいか、それも攻め続けることをしたので、やっぱり続けることで最後あのような得点が生まれたと思います。
    杉森選手がいい動きをしていたと思いますが、どのように見ていますか?
    いつも言っているとおり、彼はトレーニングでものすごく積極的です。すごくいいですし、それから若い選手ということで、どんどん色んなものを身につけてくれればいいと思っています。まあ、全ての選手ですけどね。
    ただ、その中でやっぱり彼がいい時、悪い時というのは、力みすぎちゃう時、力みがない時ということだと思います。
    ただ、ああいう選手たちは、どんどん使うことで変化していきます。
    それから一番の評価は、トレーニングの中で落ちないんですよ。どういう状況でも。やっぱりそこのところは貪欲ですから、そういう意味では期待して出しましたけど、今日はその通りの活躍をしてくれたと思います。
    今日は力みがない状態でプレーできていたと?
    若干足がつるところがまだまだだなと思いますけど。まあ、力まなくても足がつっちゃ困るんで(笑)
    ただ、若い選手はどんどん自信を持ってやってくれればいいと思いますし、まあ実際うちのチームの中も、かなり若い選手が自信を持ってやりだしてますので、そういう意味では、その中の一人だと思います。
    今日はDFラインの裏への意識やサイドを変えていくボールなどが見られましたが、選手たちが判断してプレーしていたのでしょうか?
    まあ言ってはいたんですけども、自分たちが狭い中でもボールがだいぶ動くようになっています。
    そこのところで、また突破をしようとすることは、すごくいいと思います。
    ですけども、本来寄せたという意味ではまだまだ最終ラインを見ながらゲームを運ぶということが、前半はまだできていなかったので、後半は最終ラインがどんなところにいるのか、それから相手が何が嫌なのかということを自分たちがボールを持ちながら見つけなさいというふうに言いましたけど、選手はすごく良くやったと思います。

Player’s Comment

28 玉田圭司 玉田圭司

  • 先制ゴールのシーンを振り返ってください。
    チームとしてなかなか先制点を取れていなかったので、それを取ったことは良かったのですが、その後の展開をもう少し考えながら戦わなければ難しい試合になります。劇的な勝利をしましたが、もう少し簡単に勝てるゲームだったと思います。
    先制ゴールが決まるまではチャンスが少なく、難しい展開でしたね?
    そういう展開でも、点を取れば状況は変わります。自分がゴールを決めたことで、ある程度状況を変えられたのではないかと思います。
    杉森選手のドリブルからのゴールでしたね?
    半分は考起(杉森選手)のゴールと言ってもよいと思います。
    これで5月初勝利となりましたが?
    ただ1勝しただけです。試合が続きますし、また勝てるよう、良い準備をしたいと思います。
    ゲームキャプテンとして、何か試合前に声をかけたのでしょうか?
    監督から「もっと本気になれ」という言葉がありました。勝てないと、若い選手が多く萎縮する部分もあります。自分からは「自信を持って大胆なプレーをしよう」と話しました。
    次節に向けた意気込みをお聞かせください。
    連勝できるようチームとして良い準備をします。

27 杉森考起 杉森考起

  • 先制ゴールのシーン、素晴らしいアシストでしたね?
    ドリブルでの仕掛けは自分の得意なプレーです。それを少しですが出せ、ゴールへと結びつけられたことは嬉しいです。あの時間にゴールを決めたことはチームにとっても大きかったと思います。
    玉田選手が「半分は考起のゴールだ」と話していましたが?
    憧れの玉さん(玉田選手)にアシストできたことは嬉しいですし、あの場面で決めてくれたことは自分にとってもありがたいゴールでした。
    後半には惜しいシュートもありましたが?
    チャンスがあったので、あとはそこで決めきることができるかだと思います。またチャンスをもらえたら、次はゴールという結果でチームに貢献したいです。
    次節に向けた意気込みをお聞かせください。
    チャンスをもらえたら、次はゴールを決められるよう、チームに貢献できるよう頑張ります。

9 シモビッチ シモビッチ

  • 劇的なゴールでした。そのシーンを振り返ってください。
    チームを助けるためのゴールを決められ良かったです。今日は勝ち点3が重要な試合でしたし、その試合で決められ良かったです。
    そのゴール、体のどこで決めたのでしょうか?
    自分の胸で押し込みました。試合前に腕立て伏せをしたので、その効果があったのではないでしょうか(笑)。
    5月に入ってゴールが続きますね?
    調子は良いです。今日は前半と後半に1度ずつチャンスがあったのですが、自分のキレが悪く決めることができませんでした。それでも最後に決められ良かったです。
    今日のゴール、そして勝利はチームに勢いを与えるのではないでしょうか?
    今日の勝ち点3でチームはトップ争いに留まることができました。本当に今日は勝てて良かったです。
    次節に向けた意気込みをお聞かせください。
    次も重要な試合になりますし、グランパスのサポーターが沢山来てくれることを願っています。

25 杉本竜士 杉本竜士

  • 最後、劇的なプレーでしたね?
    とにかく、あの時間から監督に信頼し出してもらったということは、勝ちにいくしか考えていませんでした。それがアシストという結果につなげられたことは良かったです。あの時間まで、開始から90分間闘っていた選手、出られなかった選手、ベンチに入れなかった選手、全ての人たちの応援と一緒に頑張ってきたことがあのゴールに繋がりました。僕個人のプレーというよりは、チーム全体でのプレーだったと思います。(クロスを上げた場面は)あまり記憶がないのですが、中に入っている人数が多く、それは練習から取り組んでいることなので緊張もありませんでした。練習の方が厳しい、試合の方が楽だという気持ちでプレーしていますし、日々の練習の成果だと思います。
    残り10分を切ってからの出場でしたが、監督から何か言葉はあったのでしょうか?
    「一発取ってこい」とシンプルな言葉を言われました。自分としても試合には入りやすかったですし、結果を残そうとだけ考えてプレーしていました。
    杉本選手らしいプレーが随所に見られましたが?
    僕は「自分らしい」と周りが思ってくれるようなプレーしかできません。器用なプレーはできませんし、それをやっただけです。そのことが結果に繋げられたのは良かったです。
    短い時間で結果を出し続けなければいけない状況ですが?
    短い時間だろうと長い時間だろうと、自分の仕事は変わりません。そのために毎日練習するだけです。日々の練習から、試合に出ている選手、出ていない選手も関係なく良いトレーニングができています。それを続ければ、自ずと結果もついてくると思います。
  • ファンクラブ

Event Photo

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!

NEXT HOME MATCH

ツエーゲン金沢

6.3Satvs ツエーゲン金沢

  • 14:00 KICK OFF
  • 豊田スタジアム