• DAZN

Coach Interview

結果1-1だったんですけど、いくつかもったいないところ、もったいないというのは、これから進んでいかなければいけないところが見えた試合かなと。やっぱり中盤での人がいない時のパスミス、それから最後のゴール前にかかった時にもうひとつ奥まで行くと決定機ができるかなって場面が何回かあったので、そこのところの判断、そういうところをまた高めていきたいなというのが見えた試合でした。
  • 先発した田鍋選手には、どんなところを期待したのでしょうか?またその評価は?
    ここで個人の評価はしたくないので、ご遠慮させていただきたいと思います。彼はトレーニングや練習試合の中でやれると判断しました。また、何人か試合に出ている選手が離脱したというのもありますので、チャンスをもらっていいかなというところで出しました。

    いつも言ってるとおり、このチームは誰かに合わせてシステムを作るわけではないし、サッカーの構築上では、全員が一番ではないですから。そういう意味では、その中で彼がどういうプレーをするかというのが今日のテーマでした。
    「ゴール前で、もうひとつ奥までいければ」というお話が出ましたが、それが特に前半はできなかった原因はどうお考えですか?
    前半は受ける選手が少なすぎた、数が同数ではなかったですね。後半は数が同数、あるいは我々の方が上回ったというところです。最後のところ、時間がないので、あせったところもあると思うんですけど、そういうところを確実に仕留めるというのであれば、もっともっと判断の中で、特に後半はやっていけば良かったかなと思います。
    ハーフタイムに「相手に合わせすぎだ」という話がありましたが、それはどのあたりで感じましたか?
    ひとつは、先ほどいったボールを受けないということですね。全員じゃないですが隠れてしまう、何人かが足りなかった。それと同時に相手に合わせて、相手のやり方に合わせてシステムを作ってしまったと。長いボールを簡単に入れさせてしまったということですね。やっぱり自分たち強さ、それから自分たちの特徴が何かっていうのをもっともっと全員が理解しないといけないという前半だったと思います。

Player’s Comment

1 楢崎正剛 楢崎正剛

  • 後半追いついての引き分けに終わりましたが、今日の試合を振り返ってください。
    自分たちのリズムで戦えている時間が長かったように感じますが、先にゴールを奪われると苦しくなります。失点も続いていますし、反省点は多くあります。それでも、最後なんとか盛り返す力を今シーズン見せていることは、自分たちの強みだと思っていますし、自信として今後も取り組みたいと思います。
    壁で見えないなど、不運もあったかと思いますが、フリーキックでの失点シーンを振り返ってください。
    オーガナイズという部分を含め反省し、次に活かさなければいけないと思っています。
    京都にはかつてのチームメイトが多く在籍しましたが?
    メディア、サポーターの皆さんからの注目を感じていましたし、自分自身も楽しみにしていました。試合前は、平静を装いましたが、グランパスで一緒にプレーした選手のことは、どうプレーするかも含めよく知っています。自由にプレーさせたくないと思いながら闘っていました。サッカーの世界ではあり得ることですし、今回ここで対戦することになったのは、そういう運命だったのだと思います。その試合で相手にゴールを許してしまえば喜ばせてしまいますし、それだけはさせないと考えていました。
    特に京都の前線には闘莉王選手がいましたが?
    彼のストロングポイントはもちろん頭に入っていますし、なんとか抵抗しようとプレーしていましたが、やはり存在感や空中戦、プレーのクオリティの高さなどに手こずらされました。それでも、試合をやっていて楽しかったです。
    今日は3万6千人を超えるサポーターが詰めかけましたが?
    今シーズン、特にホームゲームではJ2を闘っていても、J1と同じか、それ以上なくらいの応援を感じています。ありがたいことです。今日も本当は勝って全員で喜びたかったのですが、それが叶わず、自分たちの力不足でした。

9 シモビッチ シモビッチ

  • 最後に追いついた、ご自身のゴールを振り返ってください。
    はっきりとは覚えていませんが、ペナルティエリア内で自分が競ったボールが目の前にこぼれ、それを押し込みました。自分自身、コンディションは悪くありませんでしたが、今日は少し寒く、そのことで良くない部分も出てしまいました。これから、もっと良くなると思っています。
    京都には昨年のチームメイトが数多く在籍しましたが?
    闘莉王や、知哉(小屋松選手)とは昨年はチームメイトとしてプレーしましたし、今日は対戦していて楽しかったです。我々グランパスを苦しめようとプレーしていたと思いますが、彼らもこのスタジアムへ戻ってプレーして、楽しかったのではないでしょうか。
    今日は3万6千人を超えるサポーターが詰めかけましたが?
    常にサポーターの前でプレーできることを嬉しく思っています。今日は特に多かったですが、これからも多くのサポーターの前でプレーを続けたいです。

28 玉田圭司 玉田圭司

  • 引き分けという結果に終わりましたが?
    悪くはない戦いなのですが、先制点を決められる試合が続いていることが問題だと思っています。
    連戦が続きますが、ご自身のコンディションは?
    悪くはありませんが、勝利に貢献できていません。これからも、チームの勝利のためにプレーを続けたいです。
    京都にはかつてのチームメイトが多く在籍しましたが?
    僕自身も楽しみにしていました。結果がついてくればもっと良かったのですが、次に繋がる試合だったとは思います。
    今日は3万6千人を超えるサポーターが詰めかけましたが?
    試合中も声援を感じていましたが、それに応えられず申し訳なく思っています。
    このあとも連戦が続きますが?
    次は中3日でのアウェイゲームです。コンディションをしっかりと整え、勝ちたいです。
  • web shop

Event Photo

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!

NEXT HOME MATCH

FC町田ゼルビア

5.17Wedvs FC町田ゼルビア

  • 19:00 KICK OFF
  • パロマ瑞穂スタジアム