• DAZN

Coach Interview

残念な結果になりましたけど、前半の立ち上がりもすごくいい入り方、たぶん今までで一番良い入り方をしたんじゃないかなと思います。その中で、前半の中盤に2本のミス、まあここは、しっかりみんなが認識しなければいけないなと。
中盤で取られるミスも良くないですけど、それ以上に他の選手が、それをしっかり補うことが出来なかった、カバーができなかった、分かっていることをやれなかった。 あの2失点をずっと追っかけることになってしまったという試合だと思います。
ですけども、立ち上がりの15分、それからあとの45分、質の部分は、本当にまだまだいつも言ってるとおり先は長いですけども、イメージはすごくいいイメージが出来たんじゃないかと思います。
やっぱり質のところ、それからイメージで色んなことが起こること、全てのことを想定しながらサッカーができるようにいい教訓にしたい、そういうゲームです。
  • ミスをした後のカバーが足りなかったという意味では、取られた後の反応が鈍いというか、死に物狂いで奪い返すという部分が、特に前半は負けていたなと感じたんですが?
    特にあの時間帯はそうですね。
    ですから、いつも言ってるとおりアクシデントは色々ありますけども、やっぱり人のせい、モノのせいにしない、常に全員が準備をしなければいけません。そういう意味では、そこは本当にこれから教訓にしていかなければいけないと思います。
    まだまだ若いチームですし、まだまだスタートしたばかりのチームなので、そういうこともあると思いますけども、これを無駄にしないためにもきっちりやっていきたいと思います。
    和泉選手の状態というのは、どのように見られていたのでしょう?
    和泉は残り2日間で、トレーニングは紅白戦含めて全てフルにやっていたんですが、すごくいい状態でした。ただし、90分をもたせるには少し難しいということ、それから(杉森)考起なんかも含めて、すごく調子がいい選手がいましたので、どんどん使ってみたというところです。
    今日はそれも、すごく大きな収穫のひとつではあると思います。
    早い段階で和泉選手を右サイドバックに入れましたが、とりあえずあそこに入れてもたしておいて、ハーフタイムで入れ替えるという意図だったのでしょうか?
    考起がそのままやってくれていれば、そのままで良かったんですけども、途中で頭が止まってしまったなということ。やっぱり若いですから、あれでそのままやらせておくのは、良いことではないという判断をしました。
    彼がダメということじゃなくて、またやってくれればいいんですけども、少し頭が止まってパニックになっているかなと思いました。そういう意味で和泉を入れて、少し様子を見ながら変えていこうと思いました。
    中盤でいきなり和泉が、どれくらいやれるか分からないので、サイドのポジションで少し全体を見ながらやってもらいたいというのもありました。

Player’s Comment

1 楢崎正剛 楢崎正剛

  • 今日は試合への入りが良かっただけに、残念な結果となりましたが?
    自分たちがボールを持って戦っている時間でも、守備はしなければいけません。今日はメンバーが少し変わり、それでも普段通りに戦えるとは思っていましたが、もしかしたら上手くいかないかもという考えもありました。その中で、相手のカウンターからの攻撃に対してスペースへのカバーなどが上手くいきませんでした。
    失点の前にもクロスバーに当たるシュートがありましたが?
    バーに助けられた、その運を味方につけなければいけない試合でした。

21 八反田康平 八反田康平

  • 前半、右サイドで裏を取られるシーンが多かったですが?
    集中的に狙われていたというわけではないと思いますが、前の3人とのギャップを突かれ、その位置で誰が行くかはっきりさせられませんでした。試合中に自分たちでその部分を修正できるようにならなければ、どのような相手との対戦でも難しい試合になります。
    その中から2失点をしてしまいましたが?
    何も抵抗できず、相手にいいようにやられての失点でした。カウンターでの相手の勢いを止めるプレーやシュートを簡単に打たせないなどしっかりと守る必要がありましたが、前がかりになっていた分だけ、それができませんでした。

29 和泉竜司 和泉竜司

  • 今日の試合を振り返ってください。
    先に失点し、難しい試合でした。2失点目をしたことで相手は引いて、さらにカウンターを狙いやすくさせてしまいました。先制ゴールの重要さを感じさせられました。
    思ったより早い復帰となりましたね?
    体の調子は良かったので、ドクターやトレーナー、監督とも話をしながら今週の復帰を目指していました。焦りはありませんでしたし、まずは休み、そして痛みの引いた段階から準備をしていました。それでも、合流して2日の準備で戻ることができるとは思っていませんでした。自分が入るということは、誰かが外れるわけですし、そのことに責任を感じながら、出場すれば言い訳はできないと思っていました。残念な結果となってしまいましたが、気持ちを切り替えまた次の試合を闘うしかありません。
    怪我から復帰し、これからゴールデンウィーク。厳しい日程をむかえますね?
    怪我の箇所をかばうことで、体の他の部分に疲労や負担がかかります。トレーナーとも相談しながらしっかりとケアし、睡眠もしっかり取るなど日頃の生活から準備をし、全試合に出られるようがんばります。

39 内田健太 内田健太

  • 今日の試合を振り返ってください。
    一つのミスから失点をする、もったいない試合でした。チーム全員でカバーしあう必要がありましたし、反省しています。守りの部分で、人任せになったわけではありませんが、ワンテンポ遅れての対応となっていました。
    今日はここ数試合で、もっとも試合への入りが良かったように見えましたが?
    それはプレーしていても感じましたが、良かっただけにもったいない結果となりました。自分たちがボールを持っていることで、相手に対して隙を与えていた部分もあったと思います。開始から自分たちがボールを持てている時間にチャンスからゴールを決めていれば違う結果になったと思いますが、もったいない試合でした。
    来週はアウェイでのゲームですが?
    上へといくチームは、連敗はできません。今日の結果を引きずらずに気持ちを切り替え、次への準備をしたいです。
  • ファンクラブ

Event Photo

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!

NEXT HOME MATCH

京都サンガF.C.

5.3Wedvs 京都サンガF.C.

  • 15:00 KICK OFF
  • 豊田スタジアム