試合運営管理規程

第1条(規程の対象)

株式会社名古屋グランパスエイト(以下「名古屋グランパス」という。)により制定される「名古屋グランパス サッカー試合運営管理規程」(以下「本規程」という。)の目的は、リーグ戦、リーグカップ戦、およびAFCチャンピオンズリーグ等当クラブが主管する全ての試合の円滑で安全な運営を確保することにある。本規程を、名古屋グランパスの管理下にあるスタジアムその他の施設に入場し、または入場しようとする全ての者は遵守しなければならない。

第2条(定義)

次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

  1. 試合:リーグ戦、リーグカップ戦およびAFCチャンピオンズリーグ等試合実施要項の全ての試合をいう。
  2. 施設:試合運営のために、名古屋グランパスが管理するスタジアム等の施設及び区域一切をいう。
  3. 運営・安全責任者:Jクラブ実行委員または実行委員代理をいう。
  4. 運営担当・セキュリティ担当:運営・安全責任者の任命を受け、大会の安全確保のため業務に従事する者をいう。
  5. 警備従事員:大会の安全確保のため、運営・安全責任者が任命した者をいう。

第3条(運営担当・セキュリティ担当)

警備従業員には、運営・安全責任者がクラブスタッフの中から任命し、安全確保業務に従事する運営担当およびセキュリティ担当が含まれる。

第4条(持ち込み禁止物)

運営・安全責任者が特に必要と認めた場合を除き、Jリーグ統一禁止事項の持ち込み禁止物および次の各号に掲げる物を施設に持ち込むことはできない。

  1. 施設管理者により持ち込みを禁止されている物。
  2. ビン、缶、その他投擲により危険物になるおそれがある物。
  3. ガスホーン、ホイッスル、笛、レーザーポインタ、拡声器のサイレン等、試合運営を妨害するおそれのある物。
  4. 以下に該当すると主催者もしくは主管者が判断した掲示板、立て看板、横断幕、のぼり、旗、プラカード、ゼッケン、文書、図面、印刷物等。
    • (1) 政治的、思想的、宗教的主義、主張または観念を表示し、または連想させるもの
    • (2) 差別的、侮辱的な内容、表現を含むもの
    • (3) 選手やチームを応援または鼓舞する目的が認められないもの
    • (4) 大会の運営に支障を及ぼすおそれがあるもの
  5. 特定の会社、営利団体の宣伝を目的として、会社名、製品名等を表示した物。(特定の会社、製品等を連想させる物を含む)
  6. 応援の統率以外を目的とした拡声器、ハンドマイク、トラメガ、太鼓等。
  7. その他、試合の運営または進行を妨害し、他人に迷惑または危険を及ぼし、若しくはそれらのおそれがあると運営担当者、セキュリティ担当者または警備従事員が認める物。

第5条(禁止行為)

運営・安全責任者が特に必要と認めた場合を除き、いかなる施設においてもJリーグ統一禁止行為および次の各号に掲げる行為をしてはならない。

  1. 正当なチケットまたはADカードを所持せず、入場すること。
  2. アルコール、薬物その他物質の影響により酩酊した状態で施設に入場する行為、または施設においてこれらの影響により酩酊し、試合運営または他人の行為等を阻害する行為。(酩酊とは:アルコール等の影響により、正常な行為ができないおそれのある状態。)
  3. 管理者もしくは警備従事員によって立入制限区域と示され、または立入りが禁止された区域に正当な理由なく立入ること。
  4. 座席の上に立っての応援・観戦。
  5. 指定された場所以外での横断幕の掲出、および大型フラッグや太鼓等の鳴り物の使用。
  6. 横断幕、垂れ幕等を取り付ける際のガムテープの使用。
  7. 紙吹雪、紙テープの実施。
  8. トランペット等周辺住民に迷惑となるような鳴り物を使用すること。
  9. 所定の場所以外での喫煙。
  10. 抗議集会、デモ等大会の円滑な運営を阻害するおそれのある行為。
  11. 勧誘、演説、集会、布教、商行為、寄付金の募集、広告物の掲示等の行為。
  12. 所定の場所以外に車両もしくは自転車を乗り入れ、駐車、駐輪すること。
  13. 営利目的で競技、式典、観客等の写真撮影、ビデオ撮影すること。
  14. 大会の音声、映像、描写もしくは結果の全部、一部をインターネットその他のメディアを通じて配信すること。
  15. 試合の運営または進行を妨害し、他人に迷惑または危険を及ぼす等のおそれがあると警備従事員が認める行為をすること。
  16. 人種、肌の色、性別、言語、宗教、政治または出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為をすること。
  17. 上記各号のほか、公序良俗に反する発言または行為をすること。

第6条(遵守規定)

次の各号に定める事項を遵守しなければならない。

  1. チケット、通行証等の提示を求められたときは、これを提示すること。
  2. 安全確保のため、手荷物、所持品等の検査に協力すること。
  3. 警備従事員および治安当局の指示、案内、誘導等に従い行動すること。
  4. ゴミは所定の場所に分別して廃棄、または持ち帰ること。

第7条(販売拒否事由)

主催者は、以下の各号に該当する者に対し、入場券の販売をしない。また、その者が自らまたは第三者を通じて入場券を取得した場合、主催者はそのものに対し第9条に基づき入場を拒否することができる。

  1. 暴力団またはこれに類する反社会的勢力。(以下、「暴力団等」という)に所属する者(以下「暴力団員等」という)
  2. 暴力団員等でなくなった時から5年を経過しない者。
  3. 自己または第三者の利益を図る目的等で暴力団等又は暴力団員等を利用している者。
  4. 暴力団等又は暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなど、暴力団等の維持、運営に関与をしている者。
  5. 暴力団員等と社会的に批判されるべき関係を有している者。
  6. 第8条に違反する行為を目的として入場券を取得する者。
  7. その他入場券の販売をしないこととする相当の理由があると主催者が判断した場合。

第8条(転売等の禁止)

何人も第三者に対し、主催者の許可を得る事無く、入場券を転売(インターネットオークションを通じての転売を含む)その他の方法で取得させてはならない。ただし、家族、友人、取引先、その他これらに類する特定の関係に基づき、営利を目的とせず、かつ業として行われない場合については、この限りではない。

第9条(入場拒否、退場命令、物の没収)

  1. 運営・安全責任者は、第4条、第5条または第6条に違反した者および第7条に該当する者の入場を拒否し、施設からの退場を命じ、並びに第4条に掲げる物の没収等必要な措置をとることができる。
  2. 主催者または主管者は、前項に該当する者に対し、主催者または主管者が被った損害(当該者の違反行為を理由としてクラブに科された制裁に起因してクラブが被った一切の損害を含む。)の賠償を請求することができる。
  3. 運営・安全責任者は、第1項に該当する者の中で特に悪質と認める者に対しては、その後開催されるJリーグ公式試合についての入場を拒否することができる。また、チケットの返還を求めることができる。
  4. 運営・安全責任者により入場を拒否され、または施設から退場を命じられた者は、チケットの購入代金の払い戻しを求めることはできない。

第10条(権限の委任)

運営・安全責任者は、特定の施設についてその権限を他の者に委任することができる。

2008年2月2日改定
2008年7月18日改定
2010年2月13日改定
2012年2月27日改定
2014年4月24日改定