名古屋グランパス HOME

-

松本山雅FC AWAY

-

-

---- KICK OFF

前半
後半
  • DAZN

Coach Interview

一つのミスから自分たちでゲームを苦しめてしまったということ。1点をちゃんと取り返せなかったということ。そこのところはまだまだ質を高めなければいけないと感じたゲームでした。

  • ハーフタイムに「浮き足立たないよう」といった内容の指示があったようですが、前半に浮き足立ったことは失点に原因があったのでしょうか?

    「浮き足立った」という表現が正しかったのかはわかりませんが、それよりも一番自分たちで崩せなかった理由は、スペース、スペースへと逃げていたこと。そして前線の選手が受けることができなかった。なぜかと言えば、ディフェンスと同じ動きしかしていなかった。そこのところで「いつも通りやれ」という指示をしました。浮き足立つというより、特に前線の選手がいつも通りやれていなかったということ、それだけです。

    前線で受けられなかったと話されましたが、止める技術の部分でのミスも前半は目立ったように思いますが?

    それは間違いなくあるところで、そういうミスをする選手には口すっぱく、その技術を改善させなければいけないが、まだ足りないということをわかり、逆に次から改善してくれればいいと思います。まだまだ、そこのところが足りない、逆に言えばまだまだ我々の攻撃は早くなることができる。その部分はしっかりと突き詰めたい。後半でも、自分たちで崩していても最後のところで足下に入らなかったりといったところがまだまだたくさんあるので、しっかりもっと意識を高めてやっていきたいと思います。

    今日は一発で相手の裏を狙うボールも比較的多かったように感じます。もちろんプレーの選択肢として悪いことではないと思いますが、少しもったいなく感じたシーンもありましたが?

    多少ありましたけど、相手を動かすことで、いまどこが一番空く場所かということ。そこを見ろと言いましたが、イメージが少し違いました。それもそれで選手の選択なので悪くはないと思いますが、もう少し相手を見ながらプレーできるよう、これからそうなっていくと思いますが、そういう意味でその部分はまた次からだと思います。

Player’s Comment

25 前田直輝 前田直輝

  • 今シーズンのホーム戦で初めての敗戦となり、初めて得点を奪えませんでした。この結果をどのように受け止めていますか?

    シンプルに悔しいです。特別な感情を出してしまうと、古巣に負けるということは悔しいですね。

    後半開始からの投入となりました。どのようなプレーをイメージしてピッチに入りましたか?

    サイドで1対1になるシーンが多いと思っていました。山雅はチャレンジアンドカバーがしっかりしていますけど、そこで一人剥がせば、ズレが生じるかなと思って、果敢に仕掛けようと考えていました。

    実際に剥がせたシーンもありました。ペナルティーエリアにも侵入できていました。チームとして仕留められなかった理由は?

    最後の技術のところだけだと思います。僕に関しては3試合連続で決定的な仕事をできるシーンがあったのにも関わらず、正直、5点分くらい外しています。気付くのが遅いですけど、本当にもっと練習しなきゃなと。もっともっと自分に厳しくやらないといけないと感じました。

    次節はどのようなプレーをしていきたいですか?

    監督もよく仕留めきるという話をしますけど、本当に今は惜しいだけで終わっている選手なので、「あいつは怖いな」、「決めきるな」というところまで持っていけるように、また1週間準備したいと思います。

17 丸山祐市 丸山祐市

  • 今日の試合結果をどのように捉えていますか?

    これまで(ホーム戦)無失点でしたし、久しぶりに負けてしまったことも含めて注目される部分ではあると思います。負けてしまったことはすごく残念ですけど、山雅の選手たちは良く闘っていたと思いますね。でも、僕たちにもいいところはあったと思います。負けることもあると思うので、ポジティブに捉えて次に向かいたいです。

    警戒していたカウンターから得点を許しました。失点シーンを振り返っていただけますか?

    前田(大然)選手はスピードのある選手で一人で(ボールを)持っていくことができます。注意はしていましたけど、実際にやられてしまったので。シュートもいいコースに蹴られていたので、僕たちはしっかり修正しなければいけないなと思います。「数少ないチャンスで決める」というのは相手チームの狙いだったと思いますし、それに僕たちはハマってしまったというか、やられてしまいました。僕たちにもチャンスはありましたけど、相手チームの気持ちが今日の僕たちの技術より勝っていたのかなと思います。

    今日の敗戦を受け、どのような1週間を過ごしていきたいですか?

    この負けを糧にして次の試合にしっかりと勝てるような準備をしていきたいと思います。ただ、これといって大きく変えるつもりはないです。監督が求めているサッカーをもう一度全員で見つめ直してやっていきたいと思います。

前田選手、丸山選手のコメント(全文)と、吉田選手、中谷選手、
長谷川選手、榎本選手のコメントINSIDE GRAMPUSにて掲載しております。

  • insidegrampus

Event Photo

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!

NEXT HOME MATCH

ベガルタ仙台

6.19Wedvs ベガルタ仙台

  • 19:00 KICK OFF
  • パロマ瑞穂スタジアム