• DAZN

Coach Interview

なんとか、全員がひとつになってしっかり勝ち点を取りましたけれど、その中でも素晴らしいゴールと、まだまだ落ち着きのない、自分たちのボールロスト。このふたつのところが出てしまったと思います。ですけれども、今日の場合は途中から出た選手も力を出してくれましたので、そういう意味では次へと大きく前進できるのではないかというゲームだったと思います。

  • 素晴しいゴールというところで特に2点目、和泉選手のパスから前田選手の素晴らしいタッチでのゴールを振り返ってください。

    ずっといろんなことをやり続けてはいるのですけれども、場所を自分たちが攻めるのではなく人を攻める、それが今日出た。2ゴールともそうだったと思います。ですからやはり、人を破ることでスペースが無くともサッカーができるということを今日の2ゴールで証明してくれたと思います。ですけれども、これをもっともっと、中盤も安定しなければいけませんし、あのようなプレーができるのなら、その回数を増やさなければいけない。そこは今日残った課題だと思います。

    後半は相手に押し込まれドタバタとしてしまいましたが、最後に新井選手を入れた狙いをお聞かせください。

    ひとつめのところ、ドタバタというのはみんなボールを取られた場面なんですね。いつも言っている通り、何かプレッシャーを受けて取られたのではなく自分たちのミスでそれが起きている。何度も言っているのですが、見ておくこと。頭は疲れないはずですから、それをまだまだ怠ってしまうところがある。全員がではないのですが、個人個人の状況判断、あるいは頭、常に見ておくということを続けられるかどうか。それがすごく大事になってくる。そうすればもっと簡単に次の1点を決められたと思いますし、もっとゲームをコントロールできたと思います。あれでは前へ行こうとしてボールを取られたら、仕方なくなってきますね。ですから、そこのところは、もっと人の部分を上げていかなければいけないと思っています。それから、一耀(新井選手)を入れたのは、最後はそうなると思っていたので、いつ入れるのかということ。ただ、前が落ち着かなかったので、いつ入れるかという判断は難しかったのですが、一耀がしっかりとマンマークで付いてくれた、それからそこで競り勝ってくれたことで他のセンターバックの2人が余裕を持って守れたと思います。そういう意味では、本当はこうなりたくなかったのですが、(そういう状況に)なってしまったら、こういうこともあるなという準備をしていました。

    仙台の印象と、押し込まれた後半、20分過ぎには小林選手を呼んで何か声をかけていましたが、何を伝えられたのでしょうか?また仙台の印象はいかがでしたか?

    まず仙台の印象から言えば、ものすごく全員が自分たちのやることがはっきりしていて、そこに対してハードワークができる、怖い選手もいますので、そういうところはすごく迫力を感じました。
    (小林選手を)呼んだのは、今日前半も一度フォーメーションを変えて自分たちで立て直した。後半、あの時間になると動けない選手も出てきて、まだ勝っている状況でしたので、少しシステムを変えなければいけないかなということがありました。中盤を2人に、最初の形に戻しました。そのことを裕紀(小林選手)に伝えましたが、すぐには伝わらず、少し迷いましたね。

    シーズン途中で移籍してきた選手、今日は前田選手がゴールも決めました。新加入5選手がみんな「J1残留のために」という言葉を口にしていますが、監督自身はJ1残留ということに対しどうお考えでしょうか?

    何度も言いますが、そのことに対してコメントをする必要はありません。一試合一試合を勝っていくだけ、そのことは何も変わらないので、何か大きなもの、目に見えないものを考える必要はありません。選手たちも、メディアの皆さんに聞かれるのでそう答えていると思いますが、いま自分たちがやるべきことは何か。自分が一歩でもうまくなり、次の試合に勝つ、それだけのことで、これは変わらないことです。

Player’s Comment

25 前田直輝 前田直輝

  • 勝ち点3を手にしました。今日の試合を振り返ってください。

    正直、最後は長かったです。僕は最後足をつっちゃいましたけど、僕以外の10人とベンチのみんなが本当に死守して1点を守りきってくれたので、僕がここに立てているのだと思います。

    今日の決勝点は加入後初得点となりました。シーンを振り返ってください。

    今までだったら裏に抜けちゃうところを、足元で止めるという感覚は名古屋に来て初めてのものでした。それを(和泉)竜司くんと練習中から喋りながらやっていて、いいボールがきたので、練習の成果が出たと思います。初めての感覚で、ファーストタッチがうまくいって良かったと思います。

    アウェイでも大勢のサポーターが背中を押してくれました。

    (実際に)走れていたかは分からないですけど、最後に足をつっても走れるくらいの声援を送ってくれたので、本当に感謝したいです。

    今後の意気込みを聞かせてください。

    まだまだゴールが必要だと思います。まだまだ勝ち点も必要だと思っています。次のガンバ戦では勝ち点3を、連勝を狙えるように、また準備したいと思います。

31 金井貢史 金井貢史

  • 加入後初の試合となりました。どのようなことを意識して試合に入りましたか?

    本当に勝ち点3を取るために来たし、勝ち点3を取らなきゃいけないと思っていました。しっかり勝ち点3を取れたことが、まずはうれしいです。

    しっかりと持ち味を発揮した試合だったのではないでしょうか?

    そうですかね(苦笑)。失点部分では僕がかわされてしまったので、ああいうところではもっともっと詰めたいと思います。まずは、勝って反省ができることがチームにとって大切だと思っています。この勝利を無駄にしないためにも、次のガンバ大阪戦では、ホームで強い味方であるサポーターがたくさんいると思うので、しっかり連勝して、もっともっとチームとして成長して、強くなっていきたいと思います。

    チームメイトとはどのような話をしながら今日の試合を進めていったのでしょうか?

    僕はこのチームに来て間もないですけど、みんながフレンドリーに話しかけてくれたり、僕も練習の中で味方の特長を覚えているつもりでした。試合になってしまったら喋るしかありません。本当に仲間を信頼して闘えました。攻撃に出る部分や、守備でしっかり体を張る部分、出ていかないでわざと相手のカウンターを受けないポジションを取る部分だとか、そういう意味では喋りながらできたと思います。これをベースにもっともっとチームは良くなると思うので、まずは帰って自分なりに反省して、明日からの練習につなげたいと思います。

    8月は過密日程となります。今後に向けて意気込みを教えてください。

    僕たちは勝ち点3がマストなので、しっかり勝ち点3を取れるように、今日みたいにチーム一丸となって闘いたいです。自分たちが理想とするサッカーには程遠いかもしれないですけど、まずは勝って反省して、自分たちの理想形に近づけるように、もっともっと意見を出し合って、チームとして成長していきたいと思います。


 

そのほか前田選手(全文)、金井選手(全文)、和泉選手、ジョー選手、ランゲラック選手、中谷選手のコメントはINSIDE GRAMPUSに掲載

  • insidegrampus

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!

NEXT HOME MATCH

ガンバ大阪

8.5Sunvs ガンバ大阪

  • 18:00 KICK OFF
  • 豊田スタジアム