• スカイパーフェクトTV!

Coach Interview

課題のセットプレーから先制点を奪われ、前半の序盤から引き気味の戦いとなってしまいました。その状況から相手を押し上げるには、厳しい展開でした。チャンスが作れなかったわけではないのですが、決定機で決められるチームと決められないチームの差が出ました。 後半は少し巻き返すシーンも作れたので、その場面でなんとか1点欲しかったのですが、決めきれませんでした。ゴール前での最後の部分だけではなく、局面局面でのプレーの厳しさなどで相手を上回れなかったことが敗因です。
  • 小屋松選手を先発起用した意図をお聞かせください。
    小屋松がトレーニングからパフォーマンスが良く、裏への飛び出しなども見せていました。前への推進力が求めて起用したのですが、先制点を奪われ守備にも追われたことで、その推進力も活かしきれませんでした。試合の展開はアンラッキーだったかもしれませんが、その中でも彼に高いパフォーマンスを発揮して欲しいという思いはありました。
    和泉選手を先発させる選択肢は無かったのでしょうか?
    推進力という面で見て、その選択肢が無かったわけでは無いのですが、コンディション面で小屋松を優先しました。
    前節の川崎F戦に続き、前線からのプレスが機能していない印象を受けましたが?
    前半は完全に引いてしまいました。後半は負けている状況ということもありましたが、そこまでチームは引いてはいませんでした。後半、少しでも巻き返すことができたのは評価したいと思いますが、やはり鹿島は強かったという印象です。
    2ndステージここまで3試合無得点ですが、どこに要因があるとお考えでしょうか?
    フィニッシュの精度といえば簡単ですが、当然のように2ndステージでは相手が対策を講じてきています。シモビッチがゴールを決められないことも、彼自身が今まで以上に工夫しなければいけない部分があります。もっとチャンスを増やさなければいけません。フィニッシュだけでなく、そこまでの過程についても改善が必要です。

Player’s Comment

1 楢崎 正剛 楢崎 正剛

  • セットプレーからの3失点となりましたが、ボールに対する執着心が足りなかったのでしょうか?
    いまの状況で、執着心が足りないはずはありませんが、結果としてそのように思われるような失点でした。自分もそれを助けられず、悔しいです。今日はマイボールの時間が少なく、川崎F、鹿島という優勝を争うチームにほとんどサッカーをさせてもらえませんでした。
    チームとして自信を失っているようにも見えますが?
    このような状態ですし、自信が薄れているとは感じています。そのため、普段やれているプレーもやれなくなっています。これからさらにプレッシャーのかかる試合が続きますが、これも自分たちがまねいた結果ですし、どうやれば勝てるのか、気持ちを切り替えそれをチームとして思い出させる必要があります。

5 大武 峻 大武 峻

  • セットプレーから3失点となりましたが、今日の試合を振り返ってください。
    修正できない自分たちに対して怒りを感じます。セットプレーから失点することで、相手に簡単にプレーさせていました。自分たちで流れを悪くした試合でした。一度ボールを弾いても、そのあとのボールに対するマークなど、もっと個々が責任を持って闘わなければ、今の状況から誰も救ってはくれません。

8 ハ デソン ハ デソン

  • 今の良く無い状況を打開するためには、何が必要だとお考えでしょうか?
    しっかりと試合への準備をすることは当然、まず失点しないことを前提に戦わなければいけません。3失点ともセットプレーの流れからでした。守るのが難しいボールだったかもしれませんが、集中力が欠けていたのかもしれません。この部分は、次の試合までにしっかりと修正しなければいけません。

31 扇原 貴宏 扇原 貴宏

  • グランパスで2試合目となりましたが、今日の試合を振り返ってください。
    試合開始早々に失点し、相手のペースでの戦いとなりました。先制を許すと、厳しい戦いとなってしまいます。
    3失点とも、セットプレー時にボールウォッチャーになってしまったように見えましたが?
    鹿島の方がボールに対する出足が速く、球際の強さも含め、もっと自分たちの強さを出さなければいけませんでした。これからは、そのような場面で自分が闘う姿勢を見せ、チームを盛り上げなければいけないと感じています。

36 酒井 隆介 酒井 隆介

  • グランパスで初の出場となりましたが、まずご自身の評価をお聞かせください。
    少しは自分の力を出せたかとは思いますが、今日は相手にフリーでボールを受けられるシーンが多すぎました。そのことでディフェンスもラインを上げられず、さらに相手に中へと入り込まれていました。相手に起点を作らせないために、センターバックの1人が対応しなければいけなかったのかもしれませんし、今後の課題が見えました。
    後半はチームとして、ある程度修正が見られましたが?
    テソンがボールを多く触る時間を作れるようになったため、良い形の攻撃が出るようになりました。そのことで守備にも良い循環が生まれていました。ただ、その状況でセットプレーから失点を重ねたことは悔しいです。
  • ファンクラブ

Share This Match!

この試合をシェアしてみんなで盛り上がろう!

NEXT HOME MATCH

ヴァンフォーレ甲府

7.23Satvs ヴァンフォーレ甲府

  • 18:00 KICK OFF
  • パロマ瑞穂スタジアム